• ホーム
  • ご相談・お問い合わせ
TEL 028-638-4556

復職支援デイケア


1.リワークデイケアの概要
2.対象者
3.当院のリワークの特徴
4.参加までの流れ
5.開始後から復職まで
6.料金
7.プログラム例
8.利用者の声
9.Q&A(よくある質問)

リワークの概要

当院のリワークデイケアでは、うつ病や不安障害などの様々なこころの病で休職中の方を対象に、職場復帰を目指すプログラムを実施しています。プログラムを通して生活リズムを改善し、心身のコンディションを整えていきます。また、仕事で求められる基礎体力、基本的作業能力(集中・持続力、思考・判断力、作業効率など)、対人関係能力といった、復職に必要な能力を回復していくためのトレーニングを行います。また、再休職予防への取り組みにも重点を置いています。

対象者

    原則として、以下の条件を満たしている方

  • 現在休職中で、復職を目指している方
  • 週1~2回の参加から始められる方
  • 当院のリワークデイケアのルールを守って利用できる方

当院のリワークの特徴

  • 医師とスタッフの連携
  • 一人だと気負いがあったり焦りすぎたりしてしまいがちですが、主治医やスタッフと相談しながら復職に向けての準備をしていきます。

  • 担当スタッフ制
  • 個別の担当スタッフと共に復職に向けて進めていきます。スタッフとの個人面談で、一緒に目標を設定し、復職に向けてプログラムを実施していきます。

  • 多職種によるサポート
  • 医師、看護師、作業療法士、臨床心理士(公認心理師)、精神保健福祉士、産業カウンセラーなど、様々な職種がそれぞれの専門性を活かした支援を行っています。

  • 復帰後のフォロー
  • リワークデイケア利用終了後、月に一回、フォローアッププログラムを実施しています。

参加までの流れ

当院は完全予約制のため、初めて受診する方は、まず電話にて初診の予約をお取りください。その際、リワーク希望と必ずお伝えください。※他の医療機関で治療を受けている方は、電話にてご相談ください。

参加までの流れ

開始後から復職まで

  

当院はスモールステップ制を導入しています。参加間もない時期は、週1~2日のショートケア(※1)から始め、生活リズムや体調を整えつつ、段階的にデイケア(※2)での参加を増やしていきます。参加状況を確認しながら、復職準備性の評価を行い、医師の判断にて復職となります。(※1ショートケア … 9:30から12:30まで , ※2デイケア … 9:30から15:30まで)

料金

    「自立支援医療制度」を利用することで、自己負担額は1割となります。

  • ショートケア利用の場合
  • 医療保険(3割負担)1,260円  自立支援医療(1割負担)420円

  • デイケア利用の場合
  • 医療保険(3割負担)2,460円  自立支援医療(1割負担)820円

※「自立支援医療制度」については、診察時にご相談ください。

プログラム例

<デイケア参加者のタイムスケジュール例>

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
9:30 朝の会、ラジオ体操
9:50

12:10
調理
SST
プレ アド 今日のニュース
社説の要約
PC作業 一週間の
振り返り
ヨガ
ピラティス
プレゼン
資料作成
自律訓練法
12:30 昼休み
13:40

15:15
アドバンス
MTG
卓球 テーマトーク ----- 運動
作業療法
15:15帰りの会

利用者の声

  • ここで出会う仲間は多くを語らなくても互いに共感でき、「独りじゃない」と心強くなれる存在です。復職間近の仲間が日に日に自信に満ちた表情になるのを見ていると、「自分もきっと大丈夫」とパワーをもらえます。<30代・女性>
  • 同じ様な悩みを持っている人達と話す事もでき、スタッフの方もどんな事でも親身になって相談にのってもらえるので、デイケアに来て、穏やかに過ごせる時間が少しずつ増えていきました。<30代・男性>
  • 認知行動療法を知ってから目に見えて良くなった実感があります。うつには休む時間、気持ちを持ちなおす時間が大切だと感じました。<40代・男性>
  • メンタルの弱さは生まれつきで仕方ないと思っていたけど、考え方を変えていけば辛い状況が起きても自分で自分のことを守れるのだと気付けたのが良かったです。<20代・女性>

Q&A(よくある質問)

  • 参加期間はどれくらいですか?
  • 概ね6か月を目安としてプログラムを設定していますが、個人の状況により多少の前後があります。

  • どんな人たちが利用していますか?
  • 利用者グラフ

  • 駐車場はありますか?
  • 病院の駐車場はありますが、診察で来院した方のみのご利用となっています。リワーク利用時は公共交通機関をご利用ください。なお、自転車・バイクの利用は可能です。